モバイルWiFiルーターを検討していて、Y!モバイルのポケットwifiとUQ WiMAXのWiMAXを比較すると、どちらが良いのだろうと思っている方もおられると思います。
このサイトでは、料金面だけでなく、エリア・速度等4つのポイントで、ポケットwifiとWiMAXを徹底比較しました。
モバイルWiFiルーター選びのお役に立てれば幸いです。

1.月額料金の比較

まず、ポケットwifiとWiMAXの料金を比較する前に、知っておいていただきたい点が3つあります。

 

・ポケットwifiはY!mobile(ワイモバイル)が、WiMAXはUQ WiMAXが回線運営元だが、プロバイダと呼ばれる販売代理店によって料金は異なる

 

・ポケットwifiもWiMAXも使い放題使える「無制限プラン」と、月間のデータ通信量が決まっていてそれを超えると実用に耐えない通信速度に制限される「通常プラン」がある。

 

・このサイトでは、全プロバイダで最安の月額料金を調べた結果として、ポケットwifiの無制限プランは「Broad LTE」・通常プランはahoo!Wi-Fi、WiMAXは無制限・通常プランとも業界最安級「Broad WiMAX」の月額料金を表示している。(金額はすべて税抜き)

各サービスの公式サイトはこちら↓

Yahoo!wifi

Broad LTE

Broad WiMAX

yahoo BroadLTE BroadLTE

「通常プラン」

  • ポケットwifi (Yahoo!Wi-Fi): 初年度月額2,442円、次年度2,942円

    (料金内訳:初年度1,980円・次年度2,480円それぞれにプラスYahoo!プレミアム会員費462円)

  • WiMAX   (Broad WiMAX) : 初年度・次年度とも月額2,726円

 

ポケットwifiの初年度と次年度の料金を平均は月額2,692円で、WiMAXの月額2,726円とは34円の差ですから、ほぼ変わりません

 

「無制限プラン」

  • ポケットwifi (Broad LTE): 月額3,541円
    (料金内訳:通常料金2,856円プラスアドバンスオプション代685円)
  • WiMAX  (Broad WiMAX): 月額3,411円(最初の2か月は2,726円)

 

料金的には月々130円の差、2年間で3,120円の差ということで、通常プランに比べるとWiMAXの有利さが少し目立ちます

2.通信速度制限とエリアの比較

通常プラン

両方とも、通信速度制限がかかると128Kbpsに通信速度が制限されます。
この128Kbpsは、たとえばYahoo!Japanのトップページを開くのに数分かかるほどの遅さで、実質上実用には耐えられないほどの遅さです。

 

通信制限がかかってしまうギガ数についてですが、ポケットwifiの「通常プラン」の場合、5GBを超えると通信速度制限がかかるのに対し、WiMAXの場合は7GBというように、2GBWiMAXが多くなっています。
実際「2GB」の差はかなり大きいです。
Yahoo!Wi-Fiの1,980円(ポケットwifi通常プラン)は確かに安いですが、5GBしかないのは正直かなり厳しいです。
スマートフォンでも5GBでは足りなくて、「追加ギガ」を購入している人が多いくらいです。

 

従って、このプランの場合はWiMAXに軍配が上がります。

 

無制限プラン

ポケットwifiの無制限プランは「アドバンスオプション」といい、WiMAXの無制限プランは「ギガ放題」といいます。

 

どちらも月間のデータ通信量による通信速度制限はなく、使い放題使うことができます。
ただし、これまたどちらも同じですが、3日間で10GBを超えるデータ通信を行った場合、通信品質の確保のため、通信速度が1Mbpsに制限されます。
1Mbpsという速度は、たとえばYoutubeの標準画質動画であれば何も問題なく視聴できるほどの速度ですから、実質上ほとんど問題にならないほどの制限だといえます。
また、この制限がかかった場合でも、速度制限される時間帯は18時から翌2時の8時間ですから、ほとんど影響がないという人の方が圧倒的に多いと思います。

 

さて話を戻して、無制限プランにおける両者の比較ですが、決定的な違いが一つだけあります。
それは、エリアです。

 

通信エリア

ポケットwifi自体のエリアはWiMAXを凌駕するほどの広さなのですが、無制限プランの場合、通常のLTE回線ではなく、AXGPという回線を使うため、このAXGPエリア内でないと、無制限に使うことができません。
そのAXGP提供エリアですが、これがかなり狭いのです。
LTEエリアと比較すると、まだまだ数分の1程度しかありません。(2017年現在)

 

これと比較してWiMAXはもちろん全国展開していますし、人口カバー率も99%と、エリア的にほぼ問題のない広さを確保しています。(通常プラン・無制限プラン共通)
このように、無制限プランを考えた場合は、圧倒的にWiMAXに軍配が上がります。

3.通信速度の比較

ポケットwifi
ポケットwifiの通信速度は、端末やプランによって異なります。
・603HW : 下り最大612Mbps、月間7GB制限ありのプラン(月額5.279円)
・506HW : 下り最大112.5Mbps(Yahoo!Wi-Fi初年度月額1,980円プラン)
・502HW : 下り最大187.5Mbps

 

WiMAX
WiMAXの通信速度は、プラン・プロバイダ等関係なく、下り最大440Mpbsです。
ただし、W04という機種でau4GLTEオプションに加入し、ハイスピードプラスエリアモードで使用すると、下り最大590Mbpsの速度が出ます。

 

ポケットwifiでは、603HWという機種にすれば、下り最大612Mbpsというモバイルwifi最速の速度が出ますが、月額料金が高いですから、どうしても最速にこだわるという方以外は、選択肢にはなりません。

 

そうなると、通常は112.5Mbps〜187.5Mbpsですから、WiMAXの440Mbpsと比べると、だいぶ見劣りがします。

 

ただ、あくまで最大値であり実際の速度は通信環境によってかなり変わってくるので、一概にどちらが速いとはいえないという側面もあります

4.契約年数の比較

ポケットwifiの契約年数は3年で、WiMAXは基本的に2年となっています。

 

この契約年数というのは、モバイルwifiの世界では短い方が良いとされています。
というのは、端末のバッテリーは2年もたつとかなり劣化してくるので、電池持ちが悪くなり、しょっちゅう充電をするといった状況になることも少なくないからです。

 

もしそうなった場合、バッテリーは保証の対象外ですから、現実的には端末を交換するしかありません。

 

面倒なことに、端末の交換は、手続き上、現状の契約を解約して、新しく契約を結び直すことになります。

 

そこで何が問題かというと、契約の途中での解約扱いとなり、違約金が発生することです。
しかも安い金額ならまだしも、9,500円もかかります。

 

これらを考えると、契約年数が3年というのは長すぎ、この点はY!mobileの大きなマイナスポイントと言わざるを得ません。

まとめ

月額料金・通信制限(エリア)・通信速度・契約年数といった点で両者を比較してきましたが、総合的にはWiMAXがおすすめです。

 

モバイルwifiの世界も、かなりのユーザーが無制限プランを選んでいることや、今後データ通信量を必要とするコンテンツが増えることを考えると、無制限プランが安く、速度・エリアとも満足できるものを選ぶことが、ますます大切になってきます。

 

各サービスの公式サイトはこちら↓

Yahoo!wifi

Broad LTE

Broad WiMAX

yahoo BroadLTE BroadLTE